プレッシャーがかかると手の平につい汗をかきます

プレッシャーがかかるとついテノヒラに汗をかきます

僕はよくテノヒラに汗をかくことがあります。
もちろん、暑い時や何か運動している時にも手に汗をかくのですが、やはり緊張している時なんかが多いです。
例えば、もうすぐ多くの人前で話す大事な発表があったり、やらなければならない課題の提出の締め切りが、すぐ目の前まで迫っていたり、或いは寝坊してしまった時、それから何か失敗をしてしまった際にそれを報告しなくてはならない時なんかです。
やっぱり多くは人前での時が多いですね。
人見知りなので、もうよく手に汗かきます。
でも別に、手の平に汗をかくのはマイナス部分だけの時ではなく、嬉しい時や楽しい時にもかきます。
例えば、観ている映画やテレビが、まさかのどんでん返しになった時や、ゲームでラスボスと戦っている時や、本やマンガを読んでハラハラする展開が巻き起こったりと、そんな時つい手に汗をかいてしまうのです。
しかし、やっぱりできる事なら手に汗はあまりかきたくないものです。
何故って、手に汗をかくと、高確率で手がベタつきますから。
なるべく控えるようにしています。